賢い資産運用始めませんか?
資金が無くても出来る資産運用が始まってます!将来のための資産形成を今すぐに始めましょう!
未分類

コンサル業界のキャリア・パスってどうなってるの? デメリットは? | ニコニコニュース

コンサル業界のキャリア・パスってどうなってるの? デメリットは? | ニコニコニュース

 学生に人気の就職先、コンサルティング業界の意外と知らない事実を教えるこの連載。前回の記事では、コンサルティング会社の給与について書きました。

 とくに戦略コンサルティング会社は、3年ごとに昇格する必要がある制度「Up or Out」が存在するため、給与が長期間保証されるものではありません。

オフィスビル
※画像はイメージです(以下同じ)

 そのため、コンサルティング志望者は、一過性の給与面だけでなく、その企業で何が身につくのか、その後、どのようなキャリア・パスを描けるかを押さえるべきなのです。

 今回の記事では、他社への転職も含めて、具体的にどのような入社後のキャリア・パスがあるかについて書いていきます。

【第4回】戦略コンサルタントのキャリア・パス

 戦略コンサルティング会社で身につけることができるスキルは、以下に列挙したとおりです。詳細については改めて紹介したいと思いますが、これらのスキルを2~3年など短期間で身につけられることが、戦略コンサルタントになるメリットのひとつでしょう。

戦略コンサルタントで身につくスキル
ハードスキル
Power PointExcelなどのOfficeソフトのスピーディな操作
ソフトスキル
・ロジカルシンキング、仮説思考、論点思考などをはじめとした思考方法
・必要な情報を効率的に手に入れるリサーチ・スキル
・限られた時間の中で最高の成果を出すというプロフェッショナリズム
大企業の組織文化・構造を理解した上での高度なコミュニケーション能力
・広いビジネス知識

 一般的な会社に就職すると、営業、購買や経理など特定の機能を持った部署に配属され、会社の事業に基づいて割り振られたルーティンの仕事を担当します。

 対して、戦略コンサルティング会社の場合、ゼロベースクライアントが持つ課題と解決策を体系的な思考方法で考えることができます。

 接する相手も、大企業の部長級以上なので、戦略コンサルタントは若くして広い視野で会社を考え、適切なコミュニケーションを身につける必要に迫られます。プレッシャーは相当なものですが、同時に短期間で貴重なスキルを一気に身につけることができます。

戦略コンサルタントの経歴はどう続く?

受付・ビジネスウーマン

 こうしたスキルを活かすことができる仕事は多いため、さまざまなキャリア・パスが可能です。

 ここでは、転職先として多いキャリア・パスを給与・金銭メリットと、キャリアリスクリストラもしくは、社長なら廃業)で分類しました。給与・金銭面を考慮しない転職はほとんどないはずですし、転職エージェントや業界OBの目から見ても納得性の高い分類になっていると思うのでぜひ参考にしてみてください。

1.プロフェッショナルとしてのキャリア・パス(ミドルリスク・ミドルリターン
・社内で昇進を目指す
・同業他社へ転職
ファンド(ベンチャーキャピタル・PEファンド)へ転職

2.事業会社に転職し、高い「時給」と雇用安定化を図る(ローリスク・ローリターン
・事業会社の経営企画、マーケター、総合商社の事業投資部など

3.独立・起業: IPO・Exitでキャピタル・ゲインを目指す(ハイリスク・ハイリターン
・起業、もしくは役員としてベンチャーへ入社

キャリア・パスか、独立・起業か

 まず、サラリーマンとしてのキャリア・パスか、独立・起業かで、今後のキャリアは大きく分けられます。前者の場合は「1.プロフェッショナルとしてのキャリア・パス」「2.事業会社への転職」に該当します。

 1つ目は、コンサルティング業界やファンドで激しい競争を勝ち残りながら高い給与を稼ぎます。

 ただし、コンサルティング業界、ファンドは長時間労働なので「時給」はあまり高いと言えない点と、将来的なリストラリスクを考慮し、事業会社へ転職するパターンがあり、これが2つ目になります。

 最後の3つ目の「独立・起業」では、起業から株式上場か大企業などに会社を買い取ってもらい、一気に数億円を稼ぎます。近年はベンチャーへの投資金額も、M&A件数も増加しています。このような環境が後押ししているのか、コンサルティング会社出身の経営者が増えています。

ただし専門性は身につきにくい

犯罪者イメージ

 多くのキャリア・パスがある戦略コンサルタントですが、一方で専門性が身につきにくいという点には注意が必要です。

 例えば、コンサルティングファーム内で、Aさんは小売りに詳しい、Bさんは物流に詳しいなど噂になりますが、それはあくまで社内での相対論の話です。実際、長年小売業や物流会社に勤めている方々にくらべて、コンサルタントは実務を通してしか学べない分、業界知識や慣行に精通することはできません。

 また、製薬業界の営業改革を担当したとしても、それは、特定プロジェクトのための知識や提案活動を経験したのであって、営業や財務などの職種としての専門経験とは異なります。

 通常、事業会社の転職においては、業界(製薬、証券など)と、職種(営業、財務、購買など)の組み合わせ、または職種の経験が問われますが、戦略コンサルタントではこのどちらも身につけにくい点は注意が必要です。

年収が高いことが裏目に出る!?

年収 時間

 経営企画・マーケティングなどは比較的、業界・職種経験を問われにくいですが、その他の職種の場合は、採用される場合は、ポテンシャル採用で下位の職位から始めることがほとんどのようです。そうなると、30歳前まであたりがタイミングになるため、このようなキャリア・チェンジの可能性があれば早めに動くべきです。

 もうひとつの注意点は年収です。新卒入社の場合、「戦略系」は30歳前にすでに1500万円前後、「総合系」の戦略部門では、1000万円程度の年収に達しているでしょう。年収が高いことが裏目に出て、次の職種での年収ダウンを許容しづらくなり、転職に踏み切れない人が少なからずいるようです。

 もちろん年収が上がることは良いことですが、30歳を超えてから行き先を考えて後悔するというのは望ましくないでしょう。

 ここまで述べてきたとおり、戦略コンサルタントになった場合、多くの業界で使える汎用的スキルが身につく一方で、専門性が身につきにくいデメリットもあります。コンサル志望の方は、ぜひ参考にしてみてください。

TEXT/KT Total A&C firm>

【KT Total A&C firm】

M&A、事業承継、事業再生、補助金申請支援、資金調達やIPO支援等のファイナンス分野におけるコンサルティングを得意とするファーム。友人からの個人的な相談が多い分野である、副業、エクセルスキル、財務スキルなどについてセミナーを通して紹介している。公式サイトは「KT Total A&C」

(出典 news.nicovideo.jp)

お金が無くても大丈夫?!資産運用のご相談受付中!

 

不動産や投資に興味はありますか?

正直資産運用やらないとヤバイ時代が来てます!

年金なんて信用できますか??

副業も解禁され自分の身は自分で守る時代が来ています。

事業投資、FXなど、月利で3(パーセント)の投資案件などオススメな投資案件も紹介出来ます。

資金がなくても大丈夫です。将来の資産を作りたい人など興味あれば返信下さい。

相談窓口

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です